Vラインの長さは何センチが最適?

Vラインの長さ調整と、アンダー処理のポイント

 

Vラインの長さは、1センチ〜2センチ位がベスト

ヒートカッターや線香なら、チクチクしない!

手入れが面倒なら、脱毛器 or エステがオススメ!

通常、Vラインを処理しない状態では、3センチ〜4センチ位が一般的です。

 

水着や下着から、アンダーヘアがはみ出ないためには、1センチ〜2センチ位でVラインの処理をオススメします。

 

ただし、1センチ以下にすると、毛がチクチクして痛いので要注意です!

 

知ってました?面倒なビキニライン処理の手間から解放される2つの方法は?

Vラインやアンダーヘアの正しい処理方法を見る!

アンダーヘアの長さを短くする際の注意点

女性なら、気になっているけれどなかなか口に出して聞くことのできない悩み。それは、アンダーヘアやVラインの長さが何センチくらいだと、お手入れはしているけれどし過ぎていない感じになるのかということです。
アンダーヘアやVラインは、そのまま何もしていないという方が半数は締めているのでしょうが、特に水着になるときなどは気になる箇所ですし、衛生面や、においという面でも気になる部分ではあります。でも、かといってまったくないという状態も変な感じがしますし、何より、デリケートな部分ですから、まったくない状態にするには、どうしたらいいかわかりませんよね。
通常、女性のアンダーヘアの平均は、3から4cm程度といわれています。それを越えて生えてきたら、1から2cmを処理していきます。
では、もっと気になるアンダーヘアの長さを調節するにはどうしたらいいかということですが、エステは恥ずかしいから自分で処理したいという方も大勢いらっしゃいますよね。自分でVライン長さを調節するには、いくつかの方法があります。
まず、最も一般的と思われるのが、T字型のカミソリを使うという方法です。確かに手軽にきれいにできるのですが、剃った後、かゆみや痛みがある可能性もあります。また、すぐに生えてくるので、ちくちくして痛い感じにもなりますし、埋没毛を作ってしまって、黒ずんでしまう可能性もあるので、お勧めはしかねます。
そしてもう一つ、毛抜きで抜くという方法もあります。でも、この方法、かなり痛いです。抜いた毛穴が赤くなって、ひりひりするほどです。もちろん、埋没毛を作ることにもつながっています。
アンダーヘアの処理は、昔から女性は関心があったようで、ずっと以前から行われてきているアンダーヘアの長さの調節の仕方としては、はさみで切ってから、線香で焼くということがあります。はさみで切って長さを調節しただけだと、毛先が尖っていて、伸びてきたときにちくちく痛い原因になります。なので、切り終わったら毛先の部分を線香で焼いて、毛先を丸くしておきます。これだけで、ちくちくした痛みは全くなくなります。
また、昔から行われていた方法として、もう一つ、軽石で擦るということもありました。軽石で擦って、アンダーヘアをちぎるというイメージですね。ちぎるので、毛先は尖っていなくて、また生えてきたときにも痛くありません。
でも、線香や軽石はちょっと危ないから嫌だという方には、ヒートカッターがいいですね。ヒートカッターとは、内部に熱線があって、ムダ毛の先を焼き切るというイメージです。焼き切るので、線香と同じ効果が期待できるようになっているうえ、使用は線香よりも、全然危なくありません。ただ、焼き切るということで独特の焼き焦げたにおいはしてしまいます。とはいえ、手軽で安全、かつ痛くないというと、ヒートカッターがベストです。
もっとお手入れをしたいという方には、アンダーヘア専用のトリートメント剤もあります。これで、アンダーヘアもすべすべで、細くなることも期待できるので、より痛みの少ない、清潔なアンダーヘアにすることができます。

 

 

黒ずみや肌トラブルの心配がないアンダーヘアの処理方法は、結局のところ、脱毛器か脱毛エステのどちらかです!

人気No1フラッシュ脱毛器「ケノン」の詳細情報を見る

Vライン脱毛が通い放題で\2,600!ミュゼの詳細情報を見る